ホーム > 商業印刷

商業印刷

オフセット印刷とは、刷版に付けられたインキを、一度ゴムブランケットなどの中間転写体に転写した後、紙などに印刷する方式のこと。刷版と紙が直接触れないのが大きな特徴です。
弊社のオフセット印刷は、キメが細かく、色の再現性に優れています。安定した品質を保つためにカラーマネジメントシステムや印刷品質検査装置を導入しています。お客様のご要望に応じて、モアレの出ない高精細FMスクリーン印刷や、より鮮やかな色が再現できるカレイド印刷(広演色印刷)も可能です。

向いているもの

高詳細印刷が向いている印刷物


シャープで金属の光沢が要求される印刷物「車・オーディオ・精密機械」

本物の輝きを美しく表現したい印刷物「ジュエリー・ガラス製品」

モアレが出やすい印刷物「服地・建築資材」

実物の存在感をしっかりと再現したい印刷物「美術工芸品」

迫力のある表現が要求される印刷物「ポスター・カレンダー」

色味の再現に気をつかう印刷物など

このページの上部へ

カレイド印刷とは?

カレイド印刷(広演色印刷)とは、従来の印刷と同じオフセット印刷でありながら、特殊なインキと変換方法を用いることで、高濃度・光沢性が大幅に向上し、AdobeRGBにより近い印刷を行うことが可能な印刷方法です。

デジカメで撮影した画像と印刷された画像の色が違うという経験をお持ちの方は、多いのではないでしょうか? デジカメはRGB、印刷はCMYKとデータの方式が違っており、RGBは値が増えると白に近づいていきますが、CMYKは値が増えると黒に近づいていきます。
このように方式が違うものを変換して、できるだけ近い色を再現しようとしていますが、色の再現領域に違いがあるため、全く同じ色にはならず、印刷すると少し沈んだ感じの色になるのが実情です。 これを解決するのが、カレイド印刷です。

向いているもの
カレイド印刷は以下のような印刷物に向いています。

写真集 カタログ ポスター カレンダー
デジタルカメラで撮影した画像本来の再現が求められるもの

カラーマネージメントシステム
Japan Color準拠の印刷物の運用

「校正紙と印刷物の色が違う」「同じチラシなのに1枚目と1,000枚目とで色が違う」……、これではお客様に、安心して印刷物を発注していただくことができません。このような色再現性のトラブルを防ぐために、カラーマネジメントシステム(以下CMS)を導入して、常に一定の色品質の製品をお客様にお届けしています。

このページの上部へ

CMSとは?

同じデータを扱っているにもかかわらず、各入出力機器(スキャナ、プルーフ、印刷機など)で色の再現性は異なります。CMSとは、各入出力機器が各印刷会社で設定された標準カラーを常に再現できるように、各機器を調整する基準値を定め、運用するカラーマネジメントシステムです。

Japan Color

「Japan Color」(日本の標準印刷)を構成する5つの標準ツール(標準インキ/標準用紙/ベタ標準測色値/ベタパッチ色見本/色再現印刷2001)を用い、スキャナ分解・カラーモニタ・プルーフ(DDCP、リモートプルーフ)・デジタル色校正機・印刷・データ交換など、各工程において色の共通指標を用い基準を設け、常に安定した色品質の標準カラーを再現しています。

このページの上部へ

品質検査

印刷品質検査装置
高品質な印刷物を、確実にお届けするために

不良品を出さない生産工程の一層の充実を図るために、フルデジタルカラー印刷品質検査装置を導入しました。枚用印刷機専用に開発された高解像度インラインカメラが、インキ飛び、ピンホール、油・パウダー汚れ、色抜け、紙折れなど、印刷時のさまざまなトラブルをチェック。最少で直径0.25㎜の汚れも見逃さない高精度な検査装置です。

このページの上部へ

POD印刷(プリントオンデマンド印刷)

1枚だけ印刷したい!すぐに印刷物がほしい!
1枚ごとに内容を変えたい!

POD(プリントオンデマンド)は近年、注目度が高まっているデジタル印刷技術で、デジタルデータを、製版工程を経ずにダイレクトに印刷できることが特徴です。従来のオフセット印刷に対して、少部数・短納期、1枚ごとに内容を変更する「バリアブル印刷」が可能など、多くの利点を持っています。

こんなときにPOD(プリントオンデマンド)印刷!

お客様ごとに内容を変えたダイレクトメールを作りたい。お客様の住所や宛名はもちろん、性別・年齢層・嗜好など顧客タイプに応じて、1枚ごとに異なる内容を印刷することができます。

小部数の教材やマニュアルを印刷したい。

冊子ごとにページの差し替えも可能です。

コストを抑えたテストマーケティングをしたい。

パターンの異なるチラシを制作して、お客様の反応を見るテストマーケティングにも最適です。

印刷物の在庫を持ちたくない。

必要な時に、必要な部数を制作できるため、大量の在庫を抱えることがありません。

お問合せ

このページの上部へ